PROFILE
翼折れた女性に「再出発」の力を。
その輪を広げて、世界をもっと平和に。

オーナーセラピスト 三反田明子のこと

誰よりも、自分が「再出発」を求めていたから

女性は、どちらかというと人生の中で、サポートされるよりサポートする側です。
それは女性の素晴らしい役割で、女性が「母なる大地」と呼ばれるゆえんです。

でも、家族や周りの人達をサポートする役割を担うがゆえに、自分のことは後回しになりおろそかになってしまう一面も。

2012年。私はガンになり手術を受け、そこで一旦自分の人生を諦めました。
乳ガンでした。残りの人生は、家にこもりひっそりと終えるのだと思いました。

1996~1998年、アジア・中近東・ヨーロッパ・アフリカ・南米・中米・北米の長旅をしていた私は
「次は、一生懸命やるほど、人に喜ばれ人のためになる仕事をしたい!」 真剣にそう思っていました。

ですが帰国し出産した私は、夫と話し合った結果、子育てに専念することになりました。

良き母、良き妻、良きアシスタント… 社会で期待された役割を果たすこと。
それは私の人生においてとても大切で、幸せなことでもありました。

一人息子をインターナショナル幼稚園に通わせることになり、いつの間にか「この子を立派に育てなければ」という思いにとりつかれ、自分の中のあり余る全エネルギーをひとり息子の教育に注いだのです。
私は、いつしか息子の人生をコントロールしようとしていました。
そして、大切なことをたくさん忘れていきました。

そんな生活が続いた中の、ガン宣告。

でも、「人生は終わった」と感じて初めて、それまで抑えてきたものと、それがもたらした歪みに気づいたのです。

あの時、自分が人を癒すようになるなんて、想像もできませんでした。
でも、現実に大きく人生が変わったのです。
可能にしたのは、シータヒーリングやメディカルアロマ、リンパケアとの出逢いでした。
わずか3年後の今。もう終わりだと感じていた人間が、サロンを持ち、人の役に立ちたい、世の中に貢献したいと思い、現実に活動しているのです。

セラピスト 三反田明子についてイメージ1

すべての人は、自分だけにしかできない
使命を持って生まれてきています。
自分の役割は女性としてだけではなく、
人間としての使命もあるのです。

だれでも、もちろんあなたも、
自分の人生へ、魂が望む生き方へ、
いつでも「再出発」できるのです。

ギリギリの世界で差し出される「愛」に試されて

セラピスト 三反田明子についてイメージ2

私は今までバックパックを背負い、世界50数カ国を旅してきました。
いろんな国の人達にもらった愛を、自分の人生のどこかでお返ししたくて、その思いがカタチになったのが「パドマ・サーラ」というサロンです。

「愛」を受け取るということは勇気のいることだと思います。

受け取らないことで、傷つくこともないし、落胆することもない・・・

私は、長い旅の中で、世界各地でいつも目の前に差し出された「愛」を受け取るかどうかの選択を迫られました。

その「愛」はニセモノでワナかも知れないし、あとでお金をふっかれられたりして悲しい思いをするかもしれない。

でも、受け取ってみないとその「愛」が何だったのかわからなかったと思います。

人に騙されたり、お金をとられたりしても、懲りることなくいつも目の前に差し出された「愛」を受け取りながら、旅をしてきました。

そして、多くの「愛」に支えられ、助けられて旅を続けることができました。

「世界は愛であふれている」

実際の自分の体験から知ったこのことは、私の人生の宝物です。

そして、今いろんな人からいっぱいもらった「愛」が、私の中で1つの「大きな愛」になり、世界を平和にしたい!と願うようになったのです。

私が心から望み、実現したい
「世界平和」のこと

セラピスト 三反田明子についてイメージ3

旅では、自分が世界の中で一握りの恵まれた幸運な人間であることを痛切に感じました。
日本で当たり前のことが、世界の大部分の人達から見たら、あり得ないくらいラッキーなことなのです。

そして同時に、地球で「少数の恵まれた存在」である私達が失った、心の大切なもの。 このことをいろんな国の貧しい暮らしをしている人々から気づかせてもらいました。

差別と偏見のない、そんな世界を実現したいと思っています。
「世界平和」というと唐突で、現実離れした理想のように聞こえるかもしれません。
でも、それはこの地球に存在している一人一人の心の中から始まると確信しています。

今まで自分が実際に世界のあちこちで、感じました。
偏見から差別が生まれ、搾取が生まれ、貧富の格差、民族間・宗教間の争い、戦争へと広がっていくと。

では広大な世界で、私に何ができるのか…
日本という国の、まず身近な人達の「偏見」をなくしていくお手伝いです。

「偏見」を持つということは、世界との繋がりを断つということです。
「偏見」を手放し、自分が全ての人々と繋がっている、地球の一部であると感じることができれば、世界が大きく変ります。
存在するすべてが自分自身なのですから。
他の人や、他の生き物、地球を傷つけるということは、まさに自分自身を傷つけることなのです。
「自分は地球の一部である」という意識が広がっていけば、世界は平和になり、地球の環境も守られていくのだと感じています。

今私ができること、ヒーリングやメディカルアロマで「世界平和」に貢献しようと思います。

自分が置かれた豊かな環境を、世界の人とシェアします。
大きすぎる夢かもしれないけれど、自分の意図は大きくてよいと思っています。
一緒にそんな世界を創っていきませんか。

たくさんの人が、多くの愛を受け取り、そしてその愛が育まれ、大きく世界に循環していくことを心から願っています。

愛と感謝をこめて
パドマ・サーラ オーナーセラピスト 三反田 明子

経歴について

●大阪出身、西宮市在住●アパレル販売、放送局オペレーター、営業職などを経験●1986年から数回に渡りバックパック旅に。延べ約3年、世界50数カ国を見聞●最後の1年8カ月間の旅行を終え1998年に息子を出産●「人に喜ばれ役に立つ仕事を」と願いながらも専業主婦として育児に専念、強烈な教育ママとなり親子で葛藤する十数年を送る●2011年、乳がん告知。導かれるようにヒーリングの世界に●2012年、自分、息子とも「再出発」の時を迎える。シータプラクティショナー取得●2015年、【パドマサーラ】開業
●夫、留学中の息子との3人家族。

セラピスト 三反田明子

シータヒーリングの創始者、ヴァイアナ・スタ
イバルと。アメリカのアイダホ州で

・シータヒーリング インストラクター
・JMAA日本メディカルアロマテラピー協会 アドバイザー
・JMAA日本メディカルアロマテラピー協会
 セルフケアセラピスト講師
・AEAJ日本アロマ環境協会 アドバイザー
・whaリンパドレナージュ技術コース 修了
・ドイツメディカルフラッシュリンパドレナージュコース 修了
・大阪産業創造館「創業チャレンジゼミ」30期卒

シータヒーリングや
メディカル・アロマセラピーの
ご予約は下記のフォームから

予約フォーム

お電話の方はコチラ

TEL:0798-31-0830

ブログを見る

最新ブログ記事

    ...loading